上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
こんばんは。


若干久しぶり。



やはり新学期が始まると色々忙しいです。
と言っても、もう4年なんで授業は全然ないんですけど。




歴史シリーズどこまで言ったか忘れていたんですけど、
前回初めてのチームでの大会に出場したところまで書きました。




そこから約2ヶ月、
北海道最大の大会に今年も出場してきました。

「どさんこカップ2011」!



前回、2010年の紹介をしたときも書いたかもしれませんが、
どさんこカップは海に囲まれた北海道において、
道外のレベルの高いプレーヤーと出会える唯一のチャンス!


昨年以上の参加人数になりこの年も素晴らしい出会いがありました!



この年の運営は、協会の副会長のたかしと僕が中心になって行いました。
大変よい経験になりました。

ただ必死過ぎてあまり写真がない…。


他人のところから勝手に拝借。。。

dosannko.jpg
この年の舞台は夕張!最高の芝でした!



dosannkofulag.jpg
大会フラッグを沖縄県FD協会の新城さんに作成していただきました!いつも大変お世話になっています。

shoukai.jpg
試合前は全国の人々とチーム同士で自己紹介。このドキドキ感から徐々に一つのチームになっていく感じがピックアップ大会の醍醐味です!

shachou.jpg
試合開始!後ろ姿はクラブジュニアの吉田社長!いつもご協力いただいて本当に感謝しております!


teamdosannko.jpg
そして、プレー中の写真ない…
こちらは僕が入ったチームのぞみ。この日初めて会った人々とは思えない程一体感が生まれました!

kamedasan.jpg
自分の写真ばっかで申し訳ないっすけど、左はチベッツの亀田さん。関西から来てくれました。
このどさんこがきっかけで色々とお世話になっています。
北星のこともきにかけてくれてます。感謝です!

archnight.jpg
こちら2次会後も大富豪をするarchの面々。。。僕は疲れて寝ました…。
でも楽しかった!


f0168923_141336100.jpg
そんなわけで、こちらが集合写真!
74名の参加がありました。


2010年同様、これほど刺激を受ける大会はないです。

アルティメットの勉強という意味でも、
人との出会いという意味でも、
こういう大会からはまっていった部員も多いんです。


ちょっと宣伝して、
今年のどさんこカップは、

2012年8月4日(土)!




初の札幌開催!!!



きっと今年の部員も大きな刺激を受けるはずです!


心から楽しみ。



しっかり準備したいと思います。



また次回。







スポンサーサイト
2012.04.24 Tue l 歴史 l コメント (2) トラックバック (0) l top
こんにちは。



今日は説明会があったようで。。。

僕は仕事で行けなかったのですが、来てくれた人ありがとうございます!


まだ明日から2日間もやっているので「アルティメットってなんぞ!?」って思っている人はぜぜぜ是非説明会来て下さい!



さて、
そんな今年の活動そっちのけで語り続けている歴史シリーズ。



昨年2011年まできましたが、この年色々ありましたので、

まだまだかかりそう(笑)





前回、5月に部として承認されたというarchの歴史上、

非常に重要な出来事をお伝えしました。





そしていよいよ、大会へ出場することになります。



記念すべきarchの最初の大会は、

2011年6月26日 北海道ジュニアカップ




全国的にこの新入生向けに開催されている「ジュニアカップ」という大会があるのですが、

それの北海道版を目指そうということで企画された大会です。



北海道版では、

新入生という括りにこだわりすぎず、

アルティメットの経験が少ない人たちに色々体験してもらえるような形になっています。


今年(2012年)も開催される予定なので、

もし入部してくれる一年生がいれば初めての試合として出場することになると思います!



さて、

この年の新生archはほぼ3年生だらけチームですが、

経験者はゼロー。

大会に出ていると言っても僕くらいで、

僕もまだ始めて2年そこそこ。。。

さてどうなることか。。。


勝ち負けにはこだわりたいけど、

まずは楽しもう!


ということで参加してきました。




大会に参加するに当たって、
ユニフォームも作成!


uniform.jpg


色やデザインなどもめまくって最終的にこの形に落ち着く。


asukayama.jpg

会場は江別市の飛鳥山公園。
綺麗な芝生です。

kaikaisiki.jpg

参加チームは北海道にあるアルティメットチーム全チーム!

と言っても4チームしかありません。


まずは、
北翔大学アルティメット部SnowBears
現在あるチームの中では一番古く、大学として学生選手権にも出場しています。
北海道の学生アルティメットの歴史を作ってきました。
OB達が現在北海道のアルティメットを支えています。

続いて、
北海道大学PADDY
間違いなく北海道のNo.1チームです。
しっかりと練習を続けており北星と同じ年の創部ながら道外大会へも出場している急成長チームです。
いつも楽しそうです。

そして唯一の社会人チーム
Clumps
社会人ということでなかなか集まって活動できないため大変そうですが、
元々長く続けている人たち、上手です。
また道外から北海道へ転勤になっているアルティメットプレイヤーも参加しているためやはり強い!
北翔OBのたかしが引っ張っています。

これに僕たちarchの4チームです。



sennsei.jpg
とりあえず宣誓とかしてみました(笑)


uneijinn.jpg
こちら運営陣。左からはるな、たかし、けんた、僕。若い運営陣です。



meeting.jpg
試合前のミーティング。みんな初試合を前に少し緊張気味。



でも、できることを一生懸命やって楽しもう!ということで試合にのぞみました!


handler.jpg
試合開始。初戦は北海道大学PADDYです。いきなり強豪です。ディスクを持っているのはハンドラーのゆうた。


実は試合前、
もしarchの記念すべき初得点が取れたら、
なんかやろうと決めていました。



「世の中そんなに甘くない」と思っていたので、
なかなか取れないだろうと思っていたのですが、


まさかの先取点!




しかも、




僕!


tokuten.jpg
記念すべきarch初得点!


atumaru.jpg

やがてみんな集まり…

douage.jpg


胴上げ!



もはや優勝したかのような喜びっぷり!



その後、やはりPADDYは強かった。


すぐに追いつかれ、

それでも粘りなんとか初戦を同点で終了。


akushu.jpg
アルティメットは紳士のスポーツ。試合が終われば、お互いの健闘を称え合い握手を交わし、円陣を組みます。


しかし良かったのもここまで。。。


続く、
北翔大学、
PADDY A
Clumps

との戦いは見事に惨敗。。。


ochikomu.jpg
力の差を見せつけられる面々…



終わってみれば一勝も出来ず最下位。。。



アルティメットの現実を思い知らされました。




それでも!





アルティメット部にとって大事な一歩!


次の大会で1勝できるようにまた頑張ろう!と誓い始めての大会を終えました。


arch626.jpg
集合写真

archstack.jpg
なぜかやっちゃうスタック式集合写真


uchiage.jpg
終わったら食うしかない!打ち上げへ!



uchiage2.jpg
応援に駆けつけてくれたテツ、はがぴー、こまたく、ばばぞのも巻き込んで食いまくる飲みまくる。





ディスク競技用品の販売や大会の運営を行っているクラブジュニアさんのHPにも載りました!
クラブジュニア通信




もの凄い日焼けとともに初めての大会は終わりました。

archの記念すべき日になりました!


2012.04.10 Tue l 歴史 l コメント (2) トラックバック (0) l top
こんにちは。




歴史シリーズもいよいよ昨年3年目まできました。






2009年の秋にスタートして約1年半。




色々、方向性で悩みながらもみんなで協力して続けてきました。




その活動が報われる一つの瞬間を2011年の5月に迎えます。




2011年5月


北星学園大学アルティメット部が正式に部として承認されました!




これは本当に嬉しかったです。


自分達が進んできた方向性が間違っているとは思っていなかったのですが、
でも外部にどういう評価をされているのかはわかりませんから。。。


ただ、妥協せず出来る限りのことはやってきたと思っていたので、
自信はありましたよ!



しかし、喜んでばかりもいられません!



この先は北星学園大学が認める部として活動していかなければならないからです。



責任もしっかり持たなくてはなりません!





2011年度の活動目標は
「チームとして大会へ出場する!」でした。





2010年までの活動でアルティメットの試合は経験することができました。


なので今度はチームとして大会へ出よう!という流れです。




それに向けて当然チームを組むだけの人数が必要です。



勧誘もがんばりました。



部員の増加率で言えばこの年はたくさん入ってくれましたね。


ざっとご紹介。




katokenn.jpg
廊下でいきなり「入りたいんですけど」と言ってきた3年生!かとけん。おにぎり界のホープ。


shunnsuke.jpg
優しい顔の奥に悪魔を育てている男!3年生・しゅんすけ。


yuutam.jpg
静かに闘志をみなぎらせるチーム1真面目に練習にくる男!3年生・ゆうた(三浦)。


gaku.jpg
北星のリーサルウェポン!3年生、岳!


fujioka.jpg
北星の90年代トレンディ俳優!3年生、ふじおか!


daiki.jpg
ラクロス部部長なのにいいのか!?3年生、だいき!


女子選手も!

sekiguchi.jpg
21年生まれてこないお腹の子のために頑張る!3年生、マタニティ関口!


待望の一年生女子!

1nennsei.jpg
アルティメットなんてそんなにやるつもりじゃなかったのに気づいたらハマってた左・もっち&右・まみ!






もう忘れてないかな…





そんな感じで選手がだいぶ増えてチームとしての体裁が整ってきました。




とはいえ素人集団。





初めての大会に出場していく怒濤の一年が始まります。



それはまた後ほど。
2012.04.07 Sat l 歴史 l コメント (4) トラックバック (0) l top
こんばんは。


いよいよ新学期が始まりました。



学校まだ行ってないけど。




恐らく部員たちが勧誘に励んだことでしょう。



明日のミーティングでその成果でも聞くとします。




さて歴史の続きですが、なんだかんだ6回目。
それでもまだ2年目。
浅い歴史ですが色々あったと感じちゃいますね。




2年目の冬の練習はなかなか本格的に行えなかったという話をしましたが、
僕は学外で社会人チームのClumpsというチームにも入っているため、
週末は他のチームで練習していました。


というのも、
以前にも書いた、
僕が初めて出場した大会「ドリームカップ」に、
この年も出場するためでした。


2010年はオープンでの参加だったのですが、この年はミックスでの出場予定でした。


ドリームカップは3日間の日程なのですが、
ミックスは大会二日目からのスタートになります。
そのため、大会初日の日に僕ら北海道チームは会場のある静岡県へ向けて移動することになっていました。



ドリームカップ2010の大会初日、



その日は2011年3月11日。




そう、東日本大震災が起こった日です。






僕ら北海道チームは一部の選手を除いて、
当日の朝、新千歳から静岡へ向けて出発しました。




ホテルがある富士駅へ到着したのが14時過ぎ。


ホテルのチェックインが15時からだったので、


荷物をホテルのロビーに預けさせてもらって15時になる前に、
ちょっと遅めのお昼ご飯を食べようということになりました。


富士市と言えば、富士宮焼きそば。

是非食べようということで、
富士駅前の商店街に、
小さな定食屋さんを見つけたので、
そこに8名で入りました。




おばあちゃん一人でやっている定食屋さんだったので、
オーダーをしてからしばらく時間がかかるだろうということで、
漫画を読む奴もいれば、
明日からの大会の話をする人もいました。


IMG_0164_convert_20120402205433.jpg
左・たかし 右・しゅとう




そんな最中の14時46分。



突然、店が揺れ始めました。



お店の作りがあまり綺麗とは言えるものではなかったことと、
駅が近かったので、
電車が通ると揺れるのかと初めは思いました。



でもあまりに大きく長い揺れ。



全員がこれは地震だと感じました。




今まで経験したことの無い事態だったため、
ひとまず一度外へ出ようということになりました。
店のおばあちゃんは「自分が目眩がしたのかと思った」と不安そうな顔。


揺れが少しおさまった後も、
外はまだ色々なものが揺れている状態。


でもこの時は、震源地もわからず、
ひとまずおさまったので、
ご飯を食べてホテルへ戻りました。




ホテルのロビーへ戻り、
チェックインしようかと思ったら、
ロビーになんか見覚えがある色黒な人が…



そこにいたのは沖縄県FD協会会長の新城さん!



同じ大会の同じ部門に出ることは知っていましたが、
まさかの同じホテル!



「これからどうするんですか〜?」
なんて聞いていたら、



新城さんから情報が色々出てきました。



どうやら今回の地震が、

大会を行うなどと言ってられる状態ではないほど大きいものだったこと、

会場がある富士川緑地には大津波警報が出ており全員避難していること、

震源地は東北で、津波でかなりの被害がでていること、

もしかすると大会自体が中止になる可能性があること、



などなど…


段々と僕らも事の重大さがわかってきました。


ひとまず、
それぞれ部屋に入り状況の進捗を待つ事に。



僕は同部屋が愛学出身のきいちIMG_0168_convert_20120402205527.jpg




部屋に入りテレビを着けた瞬間から、
二人とも目を奪われました。


東北地方を津波が襲う映像。




これはほんとうに今までにないことが起きている。



そう感じました。





本来であれば、
大会会場へ行き初日の大会の様子を見学しようと考えていたのですが、
とてもそんなことが出来そうもない雰囲気だったため、
とりあえず何があってもいいように、
レンタカーを借りて水などを買い込むことにしました。


レンタカーの店が富士駅から少し離れた新富士駅前だったため、
交通機関で移動しようと思ったのですが、
交通機関は完全にマヒ状態。
仕方がないので徒歩で30分ほどかけて新富士駅へ。


東北からかなり離れた静岡の街でさえ、
街中に放送が流れ、
停電の知らせや、
落ち着いて行動するようにアナウンスされていました。


東北はどうなるんだろう…とかなり不安に。
比較的遠くない北海道も大丈夫だろうかとも思いました。




ホテルへ戻った後も情報がなかなか入ってこないため、
ホテルがたまたま同じだった沖縄のT'da sincaチームと夕食を一緒にとることに。

しかし、再会を喜んで楽しい食事をしていたのも束の間、
食事途中に大会を主催するクラブジュニアから連絡が入り、
今年のドリームカップの中止を決定したとのこと。


その場で全員に伝えました。
もちろんせっかくここまで来てという思いもあったのですが、
後々考えると、クラブジュニアの決断は本当に最良の決断。
あの日から数日間の信じられない光景を見ると、
とても大会を行える状態ではありませんでした。





大会はなくなりましたが、
帰りの飛行機は3日後までないため、
時間だけがある状態。



ホテルには同じ状態の沖縄チーム。




せっかくここまできたのだからどこかでアルティメットできないだろうか?



と考え翌朝、周辺の地図を漁り、
比較的海から遠い高台にグラウンドがあるのを発見しました。


沖縄チームと合意しギリギリ7人同士でしたが、即席の試合をすることに。


IMG_0181_convert_20120402211332.jpg
沖縄のT'da sincaさん


沖縄と北海道はやはり本州から離れているということで、
環境的に似ている部分があります。
そのため北海道の普及活動などで困った事や相談があればいつも助けてもらうのが沖縄のアルティメッターの皆さん。


とはいえ、いつもしっかり練習しているT'da sincaの皆さん。
この時はコテンパンにやられました。。。

それでも、アルテができたということで一つの大きな満足感を得ることができました。


IMG_0189_convert_20120402205701.jpg
左から新城さん、僕、はるな


この新城さんには本当にお世話になっています。
心から尊敬する僕の沖縄の熱い兄貴です!



右のはるなは北海道の女子の中では飛び抜けて上手い!
今は就活なんかで忙しそうですけど、
もっともっと続けてほしいです。


IMG_0186_convert_20120402205617.jpg
ゆっこ


このドリームに参加したときに、初めて同い年だと知ったゆっこ。
以来、何かとわかり合えます(笑)
ゆっこも北海道の女子を引っ張ってくれています。




そんなことがあり、
地震のことはひととき忘れて、
南北で交流しました。

o031402351303487631806.jpg
最後に集合写真



その後それぞれ観光などをして過ごし、
混乱する交通機関を乗り継いでなんとか
無事に北海道まで帰ってきました。



やはり数週間は、
毎日流れてくる東北の異常な光景に胸を痛めていました。


それでも全国的に色々な分野がそうだったように、
アルティメット界も東北へ向けて支援しようという動きがすぐに始まりました。


その後の活動でも、
現在もそうですが、
アルティメットの活動と被災地支援というのは一つのキーワードになっていきます。


そういった意味では、
北星でドリームに出場していたのは僕だけですが、
本当に大きな経験をしました。

IMG_0196_convert_20120402212750.jpg
富士山


いつか再びドリームに参加したい!






2012.04.02 Mon l 歴史 l コメント (2) トラックバック (0) l top
こんばんは。

しばらく休みました。



北海道のアルティメット界最大のイベント「どさんこカップ」が終わった後、モチベーションが高く上がった…かに見えたのですが、若干我々は迷走しました。




というのも、
やはり「目標がない」というのが大きかったです。


これは北海道フライングディスク協会の役員として反省することでもあるのですが、
年間のスケジュールがまだ手さぐり状態で、
北海道でまともな大会を開ける状態ではなかったのです。


つまり9月にどさんこカップを終えたあと、
春まで大会予定がなくなりました。

この年まではまだレギュラー練習を行っておらず、
水曜日の3講目にグラウンドで投げたりする程度でした。



やはり人間は、目標がないと身が入らないようで活動が若干停滞。



やがて冬になりました。



北海道の冬。


当然外の練習は行えません。


まだ正式な部ではない北星アルティメット部は体育館の割当ももらえなかったため、活動は週1回の水曜日3講目のみになりました。



部長だった僕はひとまず、
ディスクに触り続けることを続けようと考え、
がっちり練習するより、週に一度でもディスクに触って
気持ちがみんな切れないようにしてもらおうとしました。

毎週少ない人数ではあったのですが、
5〜6人来てくれてディスクを投げたり話をしたりで細々と活動を続けました。



この時期に入った部員もいます。



まず一人目↓
masaya.jpg
現部長・まさや 体育のバレーボールが一緒だったのをきっかけに引っ張ってきた男




そのまさやが連れてきた二人目↓
sebe.jpg
誰も認めてない自称・副部長セベ ラクロス部の至宝がアルティメット部へ移籍。実力はご存知の通り。





貴重な男子部員が2名はいりました。





そんな中選手登録ではないのですが、



大事な部員の一人としてこの年在籍してくれていた一人↓
hanna.jpg
ポーランドからの留学生・ハンナ


最初誰だったか、あやみちゃんか誰かだと思うけど、
留学生が遊びにきたいということで連れてきてくれたのがきっかけ。

nanako_convert_20120401222331.jpg
ななこも良く来てくれるようになりました



ハンナは外国人のイメージと違って、
すごく恥ずかしがりやで礼儀正しい子でした。

それでもフライングディスクが気に入ってくれたみたいで、
絶対毎週水曜日欠かさずきて、ずっとバックハンドとフォアハンドの練習を続けていました。
ハンナのおかげで他の部員もきてくれるようになったり、
今まであんまり投げていなかった人がハンナと一緒にディスクに触れる機会が増えました。



練習以外にも部員でハンナと飲みに行ったり、
ハンナが作った料理でイタリアンパーティを開いたり、
アルティメット以外の部分での活動も活性化させてくれました。




この時点では、
こんなに真面目に練習に励んでる女の子はハンナが一番!

春を迎える頃にはずいぶん上手くなりました。


ここだけちょっと時間を進めて、


2011年の夏にポーランドへ帰ってしまうことになったのですが、


みんなでディスクを送ったり、Tシャツに寄せ書きをしたり、


archの大事な部員の初の卒業ということでみんなに別れを惜しまれました。

hanna_convert_20120401224230.jpg

ハンナ送別用に作った動画



「ポーランドに帰ってもディスク投げる!」と言ってくれたので、



今も投げてくれていると思います。




ハンナと冬の練習で盛り上がった2年目でした。
2012.04.01 Sun l 歴史 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。